振袖レンタル派は予約するなら一年前からがおすすめ

SITEMAP

振袖レンタル

男性の着物の種類のはなし

女性の着物の様に華やかな柄や色はないかもしれませんが、男性が着る着物にもいくつか種類があります。今回は、男性用の着物の種類にはどんなものがあるかまとめてみました。
「黒羽二重五つ紋付き」
礼装です。五つ紋付きに羽織り、袴というのが年齢に関係なく男性の基本的な礼装になります。結婚式の花婿衣装や仲人の着物に用います。
「色紋付」
略礼装です。黒以外の無地染めの生地で仕立ててあり、紋章が染め抜いてあります。紋は1つ紋、3つ紋、5つ紋があり、現代の花婿衣装では染め抜きの5つ紋が着られます。
「お召一つ紋付」
外出着の一つで、改まった場所などに着ていく訪問着などとして用います。
「紬」
外出着の一つです。上に羽織りを着ます。外出場所によっは袴をつけない着流しでも良いですが、ある程度改まった場所には袴をつけていきます。
「ウール」
手入れが簡単なので初心者向けの着物です。春、秋、冬に街着、普段着として着る事ができます。
「上布」
夏物の着物です。薄物で透けるような生地なので、吸水性もよく涼しい着心地です。
「浴衣」
夏の定番ですね。着物の中ではもっともカジュアルなものになります。生地も薄く通気性も良いです。
いかがでしたか?基本は女性用の着物と種類は似ています。着物を着る時のマナーとして覚えておきましょう。

更新記事

2016/07/20

着物の種類を把握しておこう

着物は日本の伝統文化です。正しく着るために、着物の種類を把握しておきましょう。まず、着物には「織り」の着物と「染め」の着物があります。前者は糸を染めて、その糸で織り上げて模様を作るもので紬等が挙げられます。後者は白生地に柄を染めていくもので、訪問着や留袖等が挙げられます。格式としては、…

2016/07/20

お財布に優しい着物の賢い選び方

リサイクル着物やプレタ着物はお財布に優しいし、いろんな種類があって目移りしてしまいます。しかしそれらは、最初から仕立て上がっているわけですから、必ずしもあなたの身体にぴったりのサイズであるとは限りません。自分が着やすいと思うサイズを知ること。これは重要です。着物はある程度フリーサイズで、着付け…

TOP